読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヂハラジロー 弓道のおやつ

高知で弓を引いています。

弓道練習日誌 その4

 少しずつだけど,身体が戻りつつある。そしてカンが戻るのと比例するように自分の射癖も強くなってくる。相変わらずその日の1本目は的中する。そこをピークに僕の射はどんどんと弱弱しくなっていく感じがある。

 

 打ち起こしから大三に移行するとき,両肩に力が入ってしまう。これは前回も指摘されたことだ。しかし,言われるまで気が付かない。身体の疲れとともに弱くなった部分を肩の力でカバーしようとしている。引き分けから会に入る際には肩だけではなく,肘も伏せてしまい,弓の力を完全に殺してしまう。

 

 ある一定のレベルに達すると,「あ、これは絶対外さないな」感覚がある。しかし,それは左右の手の内の受けが上手くいった結果であって,身体のどこかのバランスがおかしくなっている可能性はぬぐえない。僕が目指すのは,両肩・両肘の規矩が整うことも含めて,手の内の受けがうまく働くことだ。

 

 そのためには,左手の手の内の修正は避けて通れないようだ。左手の平は弓の力を受けるだけ。これが難しい。ただ,弓に聞くしか方法はない。弓の力を十分に感じながら,強すぎず弱すぎない,弓に適した力で押手を押し開く。

 

 また,大三をとるとき,押手の親指を使わずに回す必要がある。つまぞろいは形にとらわれず,とにかく握らないこと。僕にとって大切なことは,弓の力を感じることができるまで,両手先の力を抜くことだと思う。それができれば,無理に肩を使うことなく弓が引けるはずだ。

 

 僕は,必要以上の力を使い弓を引いている。たかだか16キロくらいの弓に対して肩を使ってがちがちと引いている。これでは,胸の中筋でわかれることはなく,両手先で離して緩みながら的中している。その証拠に左手親指の付け根の矢を乗せるところを打っており,血がにじんでいる。

 

 そうではなく,もっと柔らかく,のびやかに,優しい弓が引きたい。そのためには,まず,要所要所の力を抜くことが課題のようだ。