読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヂハラジロー 弓道のおやつ

高知で弓を引いています。

弓道練習日誌 その8

 さあ,段々と弓道ブログらしい内容になってきました。ページビューが順調に下がっております。弓道。楽しいよ!!

 

 今日は午前中で仕事を終え,昼飯を食べてそのまま道場へ行った。左脇に薪にするための材木と右手に木炭やガストーチやのこぎりが入った袋を引っ提げて。誰もいない道場で僕は,射初め会で行うバーベキューの下準備をし始めた。大掃除の事前準備として,各箇所の点検,todoリストの作成。廃棄予定の的枠の分別。去年までは何一つしなかった僕が,こんなことをしている。

 

 どういう心境の変化が自分の中で起こっているのか,自分でもよくわからないが,僕という存在が,道場にあるおおきな歴史の流れに引き込まれていく。でもそんなたいそうなことではないか。日ごろお世話になってるから,何か自分でできることをやろう。そう思っただけなのかもしれない。

 

 僕が通っている道場では,何か行事をする際、ほぼ思い付きで,日程を決め,大体の内容を,道場内の黒板に掲示するだけだ。あとは各自声をかけあって参加者を集め,何か物を持ち合って,ゆるい雰囲気の中弓道を楽しむのが恒例だ。

 

 各自勝手に良かれと思うことを自由にやって,何とか形になっていく。これは,道場に集う人のモラルの高さが極めて高いからできる芸当だと僕は思う。また,この道場が好きだという気持ちがそれぞれの人の中にあるからだとも思う。神棚のしきびは誰が替えてくれたのか,見るたびに新しいし,巻き藁を使用した後は悲惨した藁をきちんと掃除してくれる人がいる。

 

 それぞれ皆が,自分の得意分野を持ち寄って,楽しいことをしようとしている。もちろん,来て弓を引いてお酒飲んで楽しむだけでも,だれも文句は言わない。一見ゆるくて適当。しかしながら,行事はほどよく進行し,それでいて楽しい。

 

 意外と,このような不思議なつながりが,現在の閉塞した社会構造を突破するヒントになるんじゃないかなと,僕は勝手に推論している。だから,僕はもう20年くらいは先生と一緒に弓が引きたい。僕が一人前になるまで育ててください。20年では足りないかもしれない。しかし,もっと上手くなりたい。知りたい。とにかく,少しずつでもいいので,僕は弓を引き続けます。