フヂハラジロー 弓道のおやつ

高知で弓を引いています。

弓道練習日誌 その10

 目が覚めてしまったので,更新することとします。おはようございます。今日もあいかわらず弓道の話です。

 

 12月にしてはよく雨の降る日だ。夜の高知は湿度も高く,弽も握りもなんだかしっとりしている。今日も例の20本チャレンジを敢行した。相も変わらず矢数だけが増えていく。ある意味来年早々に行われる百射会に向けての準備は万端なのかも。100本くらいならすぐに引けそうだ。

 

 しかし,的中が付いてこない。連中も期待できない。身体の感覚はそこまでおかしいわけではない。いや,そんな気がするだけで本当は間違っているのかもしれない。先生は今日用事があるらしくお休みだ。仕方ないので黙々と引く。先生の言葉を思い出しながら。。

 

 結局20本中てるのに54本もかかってしまった。その中で中る矢,中らない矢の違いは,以前に比べてすこしずつではあるがわかってきたような気がする。気を付けなければならないのは,両拳および両肩に力が入らないこと,左肘で弓を伏せないことだ。打ち起こしから引き分けに至るまでの間,その2つのどれかがうまくいかないと絶対中らない。逆にうまくいけば,なんとなく五重十文字を意識して,離れの刹那に角見を利かすことができれば,かなりの確率で的中することができる。

 

 どこかに力が入ってしまうのは,呼吸の乱れであると自分は分析している。学生の頃は呼吸など意識したことはなかったが,「呼吸は大事」という境地に達しつつあるのかもしれない。そりゃ,次四段受けるんだもん。意識しなきゃだめね。。

 

 というわけで,この20本チャレンジおもしろいですw完全に自分との闘い!的中は増えてないですが矢数は確実に増えました。良いのか悪いのか。また,チャレンジしてみます。